様々な住宅展示場を訪れて理想的な家造りを提案する建築業者を探そう

あこがれの地に住むには

男女

日本有数の海を望むことができる位置にある茅ヶ崎は、固定のファンや憧れを抱く人が数多くいる土地です。しかし、新築の戸建を購入するとなると、ネームバリューがあるだけに少し高くなります。安くて約2000万円からとなることが多く、立地や利便性を考えると5000万円以上するケースもあります。そこで、茅ヶ崎に住むなら比較的安く購入できる中古一戸建てがおすすめです。中古一戸建てだと、すでにその土地に建っているので家の間取りや風の通り抜け具合・日当たりなどを実際に目で確認することができます。具体的な生活をイメージしやすいメリットが中古一戸建ての魅力です。新築の戸建は、どうしても図面上で想像するしかないので、実際に建ててみるとイメージと違うこともでてきます。その点、中古一戸建ては現物を確認できますし、傷み具体などの現状も把握しやすいです。そして、周辺の自然環境や生活環境がどうなっているのかも具体的に見えやすい良さもあります。

比較的価格が安いため購入しやすい茅ヶ崎の中古一戸建てですが、築年数の確認とリフォーム代がどれくらいかかるのかを調べておきましょう。まず、築年数ですが住宅ローン控除の適用を受けたいときは、例えば木造一戸建てなら築年数が20年以内の物件を購入しましょう。理由は、築年数が20年以上の中古一戸建ては、住宅ローン控除を受けることはできないからです。また、茅ヶ崎の中古一戸建てに限らないことですが、すでにある程度傷みはあるので、住み始めてから数年でリフォームを行う必要があることです。そこで、中古一戸建てを購入するときは、販売価格にリフォーム代を加えて考えてみることが大切です。そして、事前にリフォーム代をある程度準備しておくと購入後のリフォームを考えたときに安心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加